読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tekkaが提供している機能について少し紹介してみます

この記事はTekka Advent Calendar 2016の14日目の記事です。

www.adventar.org

いつもTekkaを見ています。 というのは言い過ぎで全部は見れてないですが、それでも頻繁には見てます。 ROMっている事が多くて、あまり書き込みはしてないです。 その割にはオフライン進捗会(カラオケ会)にそこそこ顔を出している気がします。

さて、今回はTekkaが提供している機能について少しだけ書いてみようと思います。

Tekkaが提供している機能

TekkaはWebブラウザで見ることができます。また、モバイル向けの表示にも対応しています。 現状ではチャンネルがいくつかあり、そこで発言することができます。 ファイルを添付して発言する機能や、手書きで文字や絵を描く機能などがあります。 また、Web Notificationsや棒読みちゃんに対応しているなど、いち早く更新に気付けるようになっています。

Tekkaの目玉機能は、「作品やで」機能でしょうか。 「作品やで」と書かれたチェックボタンにチェックを入れて発言すると、なんと発言の枠が金色(?)に変わり、豪華になります。 創作応援SNSならではの投稿した作品を目立たせる機能ですね。

Tekkaを開発しているゆーひさんによると、まだ未実装機能がたくさんあるようなので、 一般公開される頃にはもう少し機能が増えているかも?

スマホアプリは?

先程モバイル向けの表示にも対応していると言いましたが、 残念ながらスマホアプリは今のところありません。 でも安心してください。 TekkaはAPIを公開しているので、あなたが頑張ればスマホアプリを作ることができるのです!

…はい、本当は自分が作ろうと思ってたのですが、 他の優先度が高いタスクをしてたらもう12月でした。 一応、react nativeを使ってiOSAndroid向けに作って、 reactとelectronでMacWindows向けにクライアントアプリを作りたいなーとざっくりとは考えていました。 なので、いろいろ落ち着いたら作っていきたいと思います。

おわりに

思ったより短い記事になってしまいました。 これはTekkaの機能が少ないのではなく、自分の文章能力がないだけです。

Tekkaにはいろんな物を作っている人たちが集まります。 一般公開されたら、創作が好きな人はぜひのぞいてみてください。 そして、自分のようにROMるのではなく発言していきましょう。