読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ISUCON本戦に行ってきた

日記 イベント

チーム卒業の阿部(ABCanG)です。 めでたく予選を勝ち抜いたのでISUCON本戦に行ってきました。

f:id:abcang:20161101021927j:plain

全体のお話はmot先輩のエントリを見てください。

programmermot.hatenablog.com

時系列で何をしたかとかはsyusuiくんのエントリを見てください。

https://syusui.tumblr.com/post/152682360608/isucon-6-本戦で如何にして人権を失ったか
syusui.tumblr.com

このエントリでは、僕がやったこととか、感想とかを書こうと思います。

当日までにやったこと

画像とか扱う系のが出るのかなーと勝手に予想してて、ISUCON4の本戦の記事とかを眺めたり、 nginxのproxy cacheの設定方法とか軽く見てました。 あまり何もしてないです。

当日

最初、ReactやらDockerやらと言う話を聞いて、マジかってなりました。 日頃からReactとかDockerは軽くは触っていたので、それほど焦りはしませんでしたが、 Docker周りの操作で結構時間を取ってしまいました。

ReactやDockerとはあまり関係のないところで、二つの大きなミスをしてしまいました。 一つは、計測を怠ってしまったことです。 最初のベンチを回した後、計測をしてボトルネックを探すことをせず、 そのまま5台のサーバをどう使うかと話し合ってしまいました。

今思えば、どう分けたら効率がいいかなんて分かるはずもなく、 なんで計測をしなかったのだろうと結構後悔してます。 そんな感じで僕らのチームはReactのサーバを1台とAppのサーバを3台で構築し、 初期実装のスコアより少し低い点で終わってしまいました。 「Appがたくさん呼ばれそうだから多めに配置するほうがいいのでは?」なんて僕が言わなければ運命は変わっていたかもしれない。

もう一つのミスは、5台のサーバを使うタイミングが早すぎたことです。 お昼頃には5台に分散させてましたが、他のチームの話を聞く感じだと終了から3時間前とかにやってる感じでした。 1台でとりあえず高速化して、ボトルネックになる部分を別のサーバに切り分けていくというのが普通なのかーなるほどーって思いました。

自分がやったこと

最初はコードを読んで、アプリの把握をしてました。 Reactのサーバが全部のリクエストを受け取って、APIはそこからプロキシさせてるしマジかってなりました。 アプリの挙動を見ながら、「あー数年前こんな感じの絵チャット作ったなー。でも適当に作ってしまったからあまり活かせる部分なさそうだなー」とか思ってました。

アプリの把握が終わった後は、主にアプリ側をやってました。 アプリにはちらほらN+1問題が仕込まれていたので、 それをせっせと直してました。 Server Sent Eventについてはメンバーのsyusuiくんにやってもらってて、僕はそれ以外の部分という感じです。

N+1問題ですが、先人の方が作ってくださったライブラリを元に自分好みに拡張したものを使って探してました。 このライブラリは、mysql2にモンキーパッチを当てて実行されるSQLと実行時間をログとして出力してくれます。

github.com

当時はこのライブラリはqueryメソッドにしか対応してなくて、本戦のコードではプリペアドステートメントが使われてたので、 しばらくの間なんで何も出力されないんだ?と悩んでました。 原因に気づいてサクッとプリペアドステートメントに(SQL出力部分のみ)対応させて利用しました。 今はプリペアドステートメントが使われている場合も実行時間を取得できるようになってます。

あとはstack-profで遅そうな部分を探したりとかもしてました。

App部分の開発はDockerを使わず、直接手元でRackサーバを立ててやってました。 その方がいろいろ楽だろうと思ってそうしてましたが、後でハマりました。 直接APIを叩いてAPIの動作確認をしていましたが、CSRFトークン付きのリクエストがうまく発行できずに苦しんで結局放置するということをしてしまいました。

N+1問題は減らしたけどスコア上がらないなーって言ってたら終了時間になってました。

まとめと感想

本戦とにかく難しいという印象を持ちました。 特に複数台構成のWebアプリを作ったことがなくて、どうしていけばいいかわかりませんでした。

あとはちゃんと計測しようということですかね、憶測で進めるのはよくないというのが実感できました。 実際、マシンがどれくらいCPU食っているか、もしくは食っていないかを把握できてなくて、 非常によくありませんでした。

スコアを伸ばせなかった原因は、計測を怠って不適切なマシン構成にしてしまったことだと思うので、 今度本戦に出る時はこれを避けれるようになりたいです。

ISUCONをすることで非常に多くのことが学べたので、その点はとても良かったです。 特に、今回の本戦の問題のおかげで複数台構成のコツを少し知れたような気がします。

今後

今年卒業するチーム卒業は、来年はチーム新卒としてリベンジしたいです。 しかしながら、来年は社会人ということで本戦出場のハードルがぐっと上がるので、 本戦に出れるように力をつけていきたいです。

最後に

運営のみなさま本当にありがとうございました!! 非常にいいイベントなので、長く続いてほしいです!